予約診療
小泉重田小児科
診療案内
医院紹介
予防接種
小児科アレルギー科
予約診療
アクセス
サイトマップ
リンク集
小泉重田小児科 臨時休診のお知らせ
小泉重田小児科トップぺージ小児科・アレルギー科
 

食物アレルギー

  小泉重田小児科の食物アレルギー診療に対する思いは、食物アレルギーのお子さんが、日常生活で困ることがなくなり、大人になった時に安心して食事を楽しめるようになること、そして保護者の不安を少しでも取り除き「今現在できることを的確にアドバイスしたい」というものです。
 院内で行う食物負荷試験(小児食物負荷検査:保険適応)は、小児アレルギーエデュケーターの資格を持つ看護師も含め、全スタッフが一丸となって積極的に取り組んでいます。

   
このページの先頭へ

アレルゲン免疫療法

スギ花粉症とダニアレルギーには、アレルゲン免疫療法という治療が健康保険で行えます。

減感作療法とも呼ばれ、アレルギーの原因であるアレルゲンを少量から投与することで、からだをアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法です。

以前は、週に1回〜2回医療機関に通い皮下注射を行いましたが、「舌下免疫療法」ではご自宅で口内(舌下)に投与します。

アレルゲン(スギ花粉またはイエダニ)を投与することから、アレルギー反応がおこる可能性があり、まれに重篤な症状が発現する可能性があります。

   
このページの先頭へ
高崎市の小児救急へのリンク集
高崎市休日当番医・夜間急病診療所・救急テレホンサービスなどのご案内です。
おすすめの本
待合室の本をご紹介しています。アレルギーの病気や予防接種についての参考書です。お手にとってご覧下さい。
子どものお薬の飲ませ方
赤ちゃんへの薬の与え方、空腹でも飲めますか、投薬間隔、飲んだ薬を嘔吐たし場合、クラリス・ジスロマックの飲み方、などの工夫などをご紹介しています。
 
子どものスキンケア 入浴・ステロイド軟膏の使用方法 NEW
赤ちゃんの肌は敏感です。石けんを泡立てて、手で優しく洗いましょう。赤ちゃんの入浴のコツやステロイド軟膏の至適量(FTU)をご紹介します。
吸入ステロイド薬の吸入方法 「吸入レッスン」外部サイト 動画 NEW



「吸入レッスン」は日本で使用できる全ての吸入ステロイド薬を網羅しています。動画による解説を視聴し、復習問題に答えることで、正しい吸入手技を身につける助けになります。
「吸入レッスン」アプリは日本大学医学部内科学系呼吸器内科学分野 主任教授 橋本修先生の教室で開発されました。

小泉重田小児科では「フルタイドエアー」や「アドエア−」などのエアロゾルを吸入するタイプのお薬には、スペーサーを使用する吸入方法をお勧めしております。

赤ちゃん喘息(乳児喘息)の診断 
子どもの嘔吐と下痢の応急手当(ウイルス性急性胃腸炎)
  
  エピペン接種の注意点(平成25年7月25日更新)
 
  子宮頸がんワクチン:サーバリックスとガーダシルの比較(相違)
  子どものインフルエンザ治療薬について(2016/2017シーズン)
  インフルエンザ治療薬「ラピアクタ点滴用」
  インフルエンザ治療薬「イナビル吸入薬」
インフルエンザとタミフル (インフルエンザ治療開始後の注意事項)
「タミフルは10代の子どもには使用を差し控える」という報道
インフルエンザワクチンの効果 ワクチンを接種を迷っている方へ
 
新しい小児用肺炎球菌ワクチン「プレベナー13」
  不活化ポリオワクチン 平成24年9月から公費で接種できます 
小児用7価肺炎球菌ワクチン(プレベナー)平成22年2月24日発売
ヒブ髄膜炎(細菌性髄膜炎)の予防接種が始まりました(H20.12.19)
ヒブワクチンQ&A
 
Copyright(C) 2006 Koizumi-Shigeta Pediatric Clinic. All rights reserved.
予約診療 小泉重田小児科HPトップページ 小泉重田小児科HPトップページ