予約診療
小泉重田小児科
診療案内
医院紹介
予防接種
小児科アレルギー科
予約診療
アクセス
サイトマップ
リンク集
小泉重田小児科 臨時休診のお知らせ
小泉重田小児科トップページ小児科・アレルギー科インフルエンザとタミフル

平成19年2月28日付けで、厚生労働省からインフルエンザ治療中のお子様に対する注意事項が示されました。今シーズンも変更はありません。

平成19年3月21日未明に報道発表された、インフルエンザ治療薬のタミフルの「10代の患者には原則として使用を差し控える」についてはこちら

 インフルエンザと診断されたら、タミフルを服用している方、服用していない方を問わず、次の2点に注意してお子様の様子を観察して下さい。

1)異常行動に注意する

 インフルエンザは発熱に伴う異常行動をおこしやすい病気です。
例えば、意識がぼんやりする、意識がなくなり、うわごとを言ったり興奮したりする、普段と違うとっぴな行動をとる、幻視が見える、妄想、けいれんなどです。
 このような異常行動は、多くの場合心配のない一時的な「熱性せんもう」という状態です。
「熱性せん妄」はインフルエンザでなくても熱の出るいろいろな病気の時によくみられます。
 最近の研究ではインフルエンザにかかった子どもの1.5%に「熱性せんもう」が起こるとされています。
 一方、タミフルが発売される以前からインフルエンザ脳症・脳炎の初期症状として「熱性せんもう」のような異常行動をおこすこともわかっています。

2)少なくとも2日間、お子様を一人にしないように配慮する

 上記の異常行動やインフルエンザ脳症・脳炎の初期症状を早期に発見するため、インフルエンザの治療開始後は、タミフル服用の有無に関わらず、保護者の方は少なくとも2日間はお子さんを一人にせず、十分に観察できるようにご配慮下さい。

 この記述は患者さんのお母さんが分かりやすいように、厚生労働省からの連絡「インフルエンザ治療に携わる医療関係者の皆様へ(インフルエンザ治療開始後の注意事項についてのお願い)」の内容を改変、加筆してあります。
 また、原文にはタミフルと転落死との関連について厚生労働省の見解が述べられています。

このページの先頭へ
 
Copyright(C) 2006 Koizumi-Shigeta Pediatric Clinic. All rights reserved.
予約診療 小泉重田小児科HPトップページ 小泉重田小児科HPトップページ