小泉重田小児科スマートフォンサイト|群馬県高崎市

小児ぜんそくの診療

小児喘息の仕組み(病態)と薬の効果(作用)を確認し、次の発作(急性増悪)を起こさないように治療しましょう。薬がいらなくなることを目標に診療を行っています。

(1)より確実なぜんそく診断

小児ぜんそくの診断
①呼気性喘鳴を3回以上繰り返す
②他の疾患を除外する

(2)病態と薬効をお伝えする

理解し、納得しながら、治療しましょう

(3)原因を減らし薬を最小に

誘発因子を避けるために

(4)日常生活の質を改善

完全コントロールを目指す

将来の治療に向けて

副作用が少なく、発作予防が同等

小児アレルギーエデュケーター

2名の看護師が小児アレルギーエデュケーターを取得しました

トップページに戻る