小泉重田小児科
診療案内
医院紹介
予防接種
小児科アレルギー科
予約診療
アクセス
サイトマップ
リンク集
小泉重田小児科 臨時休診のお知らせ
小泉重田小児科トップ小児科・アレルギー科タミフルは10代は使用を差し控える

インフルエンザ治療薬のタミフルは「10代の患者には原則として使用を差し控えること」という報道について

平成30年、10年ぶりに方針が変更され、2018−2019シーズンからは、10歳代もタミフルを使用できるようになる見込みです(厚労省からの正式通知は平成30年夏頃の予定です)

平成19年3月21日未明、厚生労働省からインフルエンザ治療薬
「タミフル」について、上記のように使用上の注意点を改正する旨、報道発表がありました。

1)タミフルは10代には使用を差し控える

 厚生労働省は平成19年3月20日、インフルエンザ治療薬「タミフル」の輸入販売元の中外製薬に対し「10代の患者には原則として使用を差し控えること」と添付文書の警告欄を改訂し、緊急安全性情報を医療機関に配布するよう指示しました。
指示の要旨は、10歳以上の未成年は、合併症、既往歴などからハイリスク患者とされる場合を除いて原則として使用を中止することや、9歳未満は使用できるが、使用した場合には異常行動の恐れがあることを家族に説明するよう明記することです。

・厚生労働省緊急安全情報発出の指示:タミフル服用後の異常行動について

新たな異常行動はいずれも平成19年3月20日、同省に報告がありました。1例は2月8日未明で、12歳男子が素足で外に出て走りだしました。父親が家に戻しましたが、2階の窓から飛び降り、右ひざの骨を骨折しました。もう1例は3月19日深夜以降、12歳男子が突然2階に駆け上がり、母親が連れ戻しましたが、もう一度2階に駆け上がり、ベランダから飛び降り、右足のかかとを骨折しました。2人ともインフルエンザと診断され、タミフルを服用した後でした。
 

2)タミフルの代わりに使用する薬

このページの先頭へ
 
Copyright(C) 2006 Koizumi-Shigeta Pediatric Clinic. All rights reserved.
予約診療 小泉重田小児科HPトップページ 小泉重田小児科HPトップページ