予約診療
小泉重田小児科
診療案内
医院紹介
予防接種
小児科アレルギー科
予約診療
アクセス
サイトマップ
リンク集
小泉重田小児科 臨時休診のお知らせ
小泉重田小児科予防接種新着情報10人のうち1.3人は受けそびれ(平成19年度2期MRワクチン)
 

ワクチンの説明はこちらのワクチン一覧から見られます。
小泉重田小児科ワクチン一覧

1-11  群馬県は全国で13位(90%)、高崎市は群馬県内で下から11番目(87%)
 平成19年度2期MRワクチンの接種率
   

1)10人に1.3人が第2期MRワクチンを受けそびれ

 幼稚園年長さんの学年で接種する2期MRワクチンは平成18年度から開始されました。
 高崎市の2期MRワクチン接種率は、初年度(平成18年度)は69%でしたが、平成19年度は87%まで改善しました。しかし、これでも平成20年度の小学1年生は10人に1.3人が第2期MRワクチンを受けそびれたまま小学校に入学したことになります。また、麻しんの流行をおさえるためには95%以上の接種が必要であるとされています。
 群馬県の2期MRワクチンの接種率は、初年度(平成18年度)では全国で33位(76.8%)と低迷していましたが、2年目の平成19年度は13位(90.1%)まで改善しました。 (国立感染症研究所調べ)
  年長さんの方は、接種モレにならないよう、体調のよい時になるべく早く第2期MRワクチンを接種しましょう。幼稚園年長さん(来年度に小学校入学の方)が、2期MRワクチンを公費で接種できる期日は平成20度末(平成21年3月31日)までです。秋冬はかぜを引きやすく、予防接種を予定通りに受けられない方が多いので、ご注意ください。
 

2)一生のうちに2回接種します

 今年度に幼稚園の年長さん学年になった方が赤ちゃんの頃は、麻しんワクチン、風しんワクチンを1回ずつ別々に接種していました。
 平成18年4月1日からは法律が変わり、現在の赤ちゃんには1回の接種で両方の抵抗力(免疫)をつけられる 「麻しん・風しん混合ワクチン(MRワクチン)」が接種されています。
 また、一層強い免疫をつけるため、麻しんワクチン、風しんワクチンを一生のうちに2回接種することになりました。
 接種時期は次の2期間です。
 1期 1歳以上2歳未満(1歳児)
 2期 幼稚園年長さん学年の一年間 平成20度末(平成21年3月31日)まで

3)小学3年から高校3年は2回目のMRワクチンが受けられます

 平成20年度から、この先5年間かけて、現在の小学3年生から高校3年生の学年の方は、公費で麻しんワクチンを受ける機会が設けられるています。
 平成20年度現在、小学校1年生と小学校2年生は、今後全額を公費でまかなってMRワクチンを接種する機会はありません。接種できなかった方は、実費がかかりますがなるべく早く接種しましょう。

4)流行をおさえるには95%以上の接種率が必要

 日本は諸外国に比べ麻しん(はしか)の患者さんが多く、また、麻しん予防対策も遅れていました。現在は2012年までに麻しんを排除しようという目標に向けて本格的な取り組みが始まっています。流行をおさえるには95%以上の接種が必要とされています。
 
このページの先頭へ
 
Copyright(C) 2006 Koizumi-Shigeta Pediatric Clinic. All rights reserved.
予約診療